news新着情報

プレスリリース(eスポーツチーム【マルクスコラ サイクロンズ】結成について)

新着情報2020.06.01

株式会社マルク(本社:愛媛県松山市/代表取締役:北野順哉/証券コード7056、以下「当社」)は、2020年6月1日より、運営する放課後等デイサービス『マルクスコラ』において障がい児童のみで構成されたeスポーツチーム『マルクスコラ サイクロンズ』を結成・活動を開始したことをお知らせします。なお、障がい児童によるeスポーツチームは愛媛県初となります。

 

①障がい児童のeスポーツへの取り組みについて

eスポーツは、年齢や性別、障がいの有無などに関係なく、誰でも誰とでも楽しめるツール(スポーツ)として、国体の文化事業にも採択されるなど、近年急速に発展・市民権を得てきました。

一方、障がいのある児童は、その障がい特性などから、一般的な「部活動」に取り組むことが困難な児童が多数存在します。部活動で得られる経験は人生において大きな役割を果たし、また仲間と共に取り組んだ時間はかけがえのない財産となります。障がいがあってもeスポーツを通じて子供たちに部活動の体験をさせてあげたい。eスポーツであれば、障がいの有無に関係なく、誰もが同じフィールドでフラットに競い合うことができるのではないか?そのような想いから当社では、運営する放課後等デイサービス『マルクスコラ』に通所する生徒への療育の一環としてeスポーツチームを結成・活動していく運びとなりました。

 

②マルクスコラ サイクロンズについて

当社が運営する放課後等デイサービス『マルクスコラ』に通所する小学生~高校生までの児童を対象に結成されたeスポーツチーム。練習タイトルは「リーグ・オブ・レジェンド」、部員は6月現在で3教室18名。チーム名は「竜巻(サイクロン)のように自分たちも成長し、そして障がいの有無など垣根を取り払い、周囲を巻き込んで応援してもらえるチームになれるように」という願いを込めて名付けました。

 

20年1月より「eスポーツ部」として山越教室にて試験的に活動を開始し、同年3月には愛媛県eスポーツ連合が主催する「スティーロ杯ゼロ」に出場し、4チーム中で準優勝を飾りました。それらの取り組みの中で、コミュニケーションが苦手な、発達に障がいのある児童たちがeスポーツを通じて声をかけあったり、作戦を立てたり、共に喜び、悔しがったりと療育の面においても大きな効果が表れました。その効果をより広げ高めていくために、この度「eスポーツ部」を「マルクスコラ サイクロンズ」と名称を改め、マルクスコラ全教室にて部員を募り、療育の一環として活動をしてくことになりました。

なお、練習は各教室にて実施、三密にならないよう感染症対策も含めて万全に行っております。

 

また、活動に際しては、

1.保護者説明会を実施

2.レクリエーションではなく部活動として捉えている

3.練習時間を設定

4.通常の療育プログラムの後で練習を行う

5.IDパスワードは教室で管理

6.大会や県の事業に積極的に参加をしていく

など関係者の理解とチームの規律を高めて取り組んでいます。

 

本年6月6日には、愛媛県主催の「eスポーツ体験会」にて、県内のプロスポーツ選手とサイクロンズのメンバーが対戦し、愛媛県におけるeスポーツの理解促進にも貢献する予定です。(別紙資料をご参照ください)

 

③就労自立準備型 放課後等デイサービス「マルクスコラ」について

当社が運営する放課後等デイサービスの特長は、障がい者の就労支援を10年以上展開してきたマルクグループのノウハウを活かした「将来的な就労や自立のための療育」を提供していることです。単に学童保育的に預かるだけの放課後等デイサービスが多い中、障がい児童の将来的な就労や自立に向けての各種スキルの獲得に向けて様々なプログラムを提供しています。

具体的には、

・身だしなみや金銭管理、公共交通機関の利用などの「生活スキル」

・職業体験やワークサンプル、PCプログラミングなどの「働くスキル」

・言葉遣いや挨拶、ボランティア体験などの「社会性スキル」

・それらに共通する共感や協調性、自己表現などの『コミュニケーションスキル』

これらの就労や自立において欠かせないスキルを総合的に身に付けることができます。

 

2020年6月現在、松山市内3教室を合計して約130名の障がい児童が在籍をしており、過去の卒業生は、進学・一般企業や福祉事業所への就労等、進路決定率100%となっています。

 

 ④株式会社マルク(マルクグループ)について

当社は、「強さと優しさが循環する社会の実現をもって解散する」を経営理念に、2006年に愛媛県初の障がい者就労継続支援A型事業所を開設しました(まるく株式会社)。2016年には障がいのある児童の将来的な就労や自立の準備に特化した療育プログラムを提供する就労自立準備型の放課後等デイサービス「マルクスコラ」を開設し、現在は愛媛県内にA型事業所を3事業所、放課後等デイサービスを3事業所、他付帯事業を含め9事業所を運営し合計約360名の障がい者・障がい児に対して、一人ひとりに応じた就労や自立の支援を提供しています。

これまでに愛媛県内在住の80名以上の障がい者の一般就労を実現し、2019年3月、東京証券取引所TOKYO PRO Marketに障がい者就労継続支援事業として日本初の株式上場を果たしました。

【受賞歴】

総務省四国通信局 局長賞

日本テレワーク協会 テレワーク推進奨励賞

ソーシャルプロダクツアワード 生活者審査員賞

船井財団 グレートカンパニーアワード社会貢献賞 など受賞多数。

 

社 名:株式会社マルク

代表者:代表取締役 北野順哉

所在地:愛媛県松山市吉藤3丁目4‐6

URL:http://maruc-group.jp

 

【本件に関するお問合わせ先】

株式会社マルク 放課後等デイサービス事業部

TEL:089-956-5987(月曜〜金曜10:00〜19:00)

担当:谷口・富永  Email:info@maruc-group.jp

 

カテゴリー

アーカイブ