先輩の声

専門職 大下 弥紀

新卒採用・2017年入社
グループの放課後等デイサービス事業「マルクスコラ」

児童指導員の仕事

プログラム業務

生徒さん一人一人の特性を考え、楽しみながら、興味を持ってもらえるプログラムを先輩スタッフと相談をし、作成していきます。
プログラム当日は生徒さん同士の相性などに配慮した上で、それぞれが学びやすい環境を整えます。来所した時の、生徒さんの表情や仕草をみて、普段と違うと感じたら声を掛け話を聞いたり、コミュニケーションもとても重要です。一方的に話を聞くだけのプログラムではなく、対話を意識しながら楽しくプログラムを進めて行くことを心掛けています。

生徒面談

指導員の役割として、一番大切なのが、生徒さんとの関係づくりだと感じています。
プログラム中や休憩中に生徒さんとお話をする機会は多いのですが、1対1で話を聞く時間も作っています。そうすることで普段の会話では聞けない違った面を知ることが出来、より関係性を深めることが出来ます。
ただ話を聞くだけではなく、どうすれば生徒さん一人ひとりが、様々な場面で過ごしやすい環境となるのかを、生徒さんと一緒に考えていきます。
将来の夢や目標を聞き、実現や達成に向かって、日々奮闘中です。

お仕事のエピソード

嬉しかったことや、やりがいをかんじたこと

自分の気持ちを伝えるのが苦手という生徒さんに対して、学校やご家庭でのエピソードをプログラムの題材に取り上げ、様々な場面でどのような伝え方をすれば良いのかを、一緒に学んでいきました。そうすると、「手紙」と言う手段を使って悩んでいることを書いてもらえるようになり、少しずつですが自分の気持ちを表現できるようなりました。生徒さん自身大変だったと思いますが、「学校でもできました」と聞いた時は、とても嬉しかったです。

1日のスケジュール

9:00-10:00

朝礼、スケジュールの確認
生徒さんが来所

当日の流れの最終確認と、来所する生徒さんのお出迎えをします。

10:00-12:00

個別学習

生徒さん一人ひとりの課題に合わせた学習・作業などを行う時間です。
又、生徒さんとの個人面談を実施することもあります。

12:00-13:00

昼休み

昼休みは生徒さんと一緒に昼食を食べて休憩をします。昼休みも生徒さんとコミュニケーションをとる大切な時間となっています。

13:00-14:00

運動

体操やダンス、体幹トレーニングやボールを使用した運動を行い、身体機能の基礎的な能力を上げるためのトレーニングを行います。

14:00-15:00

脳のトレーニング

本プログラムを学ぶための身体と心の準備として、個人やグループで楽しめるゲームを行います。認知機能の向上と脳の活性を図ることを目的としています。

15:00-16:00

プログラム

「コミュニケーションスキル」「働くスキル」「生活スキル」「社会性スキル」の4つのスキルを個人ワーク・グループワーク・外出などを通して学べるよう、日替わりで様々なプログラムを実施しています。

16:00-18:00

本日の振り返り ・反省
明日のスケジュールの確認、終礼

プログラムの振り返りや反省を行い、先輩スタッフと話し合い修正を行っていきます。又、プログラムを通して見つかった生徒さんの課題などの解決法に関しても相談・共有しています。