先輩の声

経験者 大野 真由

中途採用・2014年入社
グループの就労継続支援事業所A型事業所「アイリール」

サービス管理責任者の仕事

相談業務

生活介護で支援員を4年、マルクに入社して職業指導員を2年、サービス管理責任者にチャレンジして2年です。相談があるたびに「今どんな言葉をかけて欲しいだろう?」「どんな方法が合っているだろう?」そんな風に考えながら取り組み、振り返り、反省しての繰り返しです。その人を正しく理解し、欲しい支援や提案ができること、地域の資源や、施策を知ること、他の支援者と協力できること、その人に合った伝え方や表現ができること、信頼される支援者になるには、まだまだ修行が足りません。どんな人生なら、どんなお付き合いなら心地良いだろう?『一緒にいるとなんだか心地良い。』せめてそんな人で居る事が、私の今の目標です。

書類作成・個別支援計画作成

利用者さんの入社と同時に個別支援計画を作成します。サービスの利用を通して、どんなことを実現したいのか、目標達成のためにはどんな支援や方法が合っているのか、支援者と利用者さんご本人とで話し合い、共通の目標とそれぞれの行動計画を立てます。複数の利用者さんがいて、それぞれに違った見え方、願いがあり難しいなあと、悩むこともありますがやりがいを感じる業務の一つです。利用者さんのことを理解し、目標達成までの道筋を明確にする。時に変化する気持ちや体の状態に気づき、それに対応していくための重要な役割が、日々の記録や個別支援計画の作成にはあります。

お仕事のエピソード

嬉しかったことや、やりがいをかんじたこと

諦めかけたけど、諦めなくて良かった!!と心に残ったエピソードがあります。 「福祉サービス事業所ではなく一般企業で定年退職を迎えたい。」これは、数年後には定年の年齢を迎えるということもあり、なかなか一般企業への就職が決まらず、一緒に頭を悩ませて履歴書を修正したり、求人を探してチャレンジする姿を見てきた方の言葉です。マルク入社3年目の頃、私の誕生日前日に、内定の知らせをいただいた時は本当にうれしくて感動しました。本当に良かったと心から思いました。

1日のスケジュール

9:00-10:00

利用者さんのお出迎え
施設外就労の方たちのお見送り

業務準備や環境整備をしながら、利用者さんの出勤を迎え、施設外就労に出発する社員さんを見送ります。

10:00-12:00

利用者さんの朝礼、業務の見守り

朝礼を行って業務開始。利用者さんの体調や様子に気を配り、業務開始時の様子を見守ります。

12:00-13:00

昼休み

昼休みは利用者さんと一緒に昼食を食べて休憩します。昼休みも利用者さんの事を知る貴重な時間です。

13:00-15:00

関係機関への訪問

月に1度は、自立支援協議会(就労部会)へ参加します。他の事業所との協力連携を図ります。

15:00-16:30

個別相談、担当者会議など

利用者さんや関係機関の方とサービス担当者会を行ったり、利用者さんの個別相談を受けることがあります。

16:30-18:00

事務処理、社内での情報共有
会議など

事業所のスタッフと情報共有を行います。利用者さんについて、業務について時には協議をします。