SERVICE事業紹介

マルクパートナーシップとは

maruc partnership
10年間のA型事業所運営実績に基づくノウハウを提供いたします。
マルクが考える『送り出すA型』とは
  1. 障がい者の社会的自立の実現
  2. 本気の仕事を通じた人材育成
  3. 社会性と事業性の両立
今、求められる社会性と事業性の両立

人口減少や労働力不足が叫ばれる現代。その状況は加速していく一方です。
企業の経営課題が多岐に渡る中、1億総活躍社会の中で
障がい者の就労促進がクローズアップされています。
A型事業所を皆様の地域で創り出し、障がい者に対し、本気の仕事を通じて、人材育成。
そして、働く力が高まった障がい者は一般企業へ送り出す。
障がい者の就労、自立の機会が提供でき、かつ経営課題の解消にもつながります。
社会性と事業性が両立できるビジネスモデルが今、社会で求められています。

図:事業スキーム

サポート内容

貴社のご要望や地域特性に応じた心が通じ合うサポートを基本姿勢としております。
開業前支援から実際の運営支援に至るまで、担当SVが貴社の新規事業をサポートいたします。

図:サポート内容
開業までの流れ

マルクグループは、障がい者雇用のプロフェッショナルである本部スタッフが、開業までの準備段階から、開業後のフォローまで、 万全な体制でバックアップいたします。

図:開業までの流れ
障がい者就労継続支援A(雇用)型事業

障がい者就労継続支援
A(雇用)型事業

一般の会社に雇用されることが困難な障がい者に対して、 雇用契約を結び実際の仕事を通じて社会性やスキルを身につけて 一般企業への転職を目指すことができるのがA型事業です。

パートナーシップ事業

パートナーシップ事業

社会性と事業性が両立できるビジネスモデルである 「送り出すA型」の就労支援を皆様の地域で創り出す。 開設・運営の一貫したサービスを提供するA型事業に関する支援事業です。

放課後等デイサービス事業

放課後等デイサービス事業

学校通学中の障がい児に対して、放課後や長期休暇中の時間を活用し、 就労・自立に向けたスキルを獲得し、未来に備える。 就労準備型に特化した放課後等デイサービス事業です。